歯を守る予防歯科

歯を守る予防歯科

私たち歯科衛生士の「予防ルーム」へようこそ
私たち歯科衛生士は予防歯科のエキスパートです。
予防ルーム

画像


ずっと自分の歯で食べたい

今ある歯を大切に守りたい

私たちにお任せください。
一緒にあなたのお口の健康維持を、考えていきましょう。

私たちは、患者様のお口の健康状態の経過をデータとして記録・保存し、お口の状態の歴史(経過)を比較・検討し、お口を通しての一生の健康維持をサポートさせて頂きます。

画像


ところであなたは、普段からお口の健康を意識していますか?
それとも、痛いときだけですか?
歯がなくなって、食べづらくなったときだけですか?

『今は全然痛くないし、何ともない。特に不自由もないし全然平気』と安心していませんか?
『悪くなったらまた歯医者さんへ行って治してもらえばいいや』と安易に考えていませんか? 
『歯周病(歯槽膿漏)は、年を取れば仕方がない』と諦めていませんか?

歯医者さんは、『歯が痛くなったらいくところ』とお考えの方が多いのではないでしょうか?
行っては削って詰める。そしてまたその詰めた周りから虫歯になる。そしてまた詰める。
歯医者さんも治療という名のもとにあなたの体を傷つけるのは、出来ればしたくありませんよ。


1本の歯に何回治療するのでしょう。

そして最後には・・・・

 
画像


もうそろそろ終わりにしませんか?

悪くなった歯を治療するのは当たり前ですが、悪くならないようにすることは、もっともっと大切ではないでしょうか?

北欧の国の人たちは、日本の人たちよりも虫歯も少なく、歯もたくさん残っています。
どうしてでしょうか?

画像


それは『虫歯になったから歯医者に行ったか』『虫歯にならないために歯医者に行ったか』の違いなんです。
治療ではなく、メンテナンス(予防)に力を入れたことによって国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

画像


『歯を治す』ことから『歯を守る』ことへ意識を替えて見ませんか?

画像


私たちは、あなたが歯をなくす前に、むし歯になる前に健康な歯の大切さに気づいて欲しいと願っています。

予防は、ホームケアー(自宅だけの歯みがき)だけでは、充分とは言えないのです。
オフィスケアー(歯科医院)で、自宅で取れない汚れをプロに取ってもらいましょう。


自宅でのホームケアー』と『歯科医院でのプロフェッショナルケアー』を両立させて、一生自分の歯で何でも好きな物が食べれるように、大切な歯を守って行きましょう。

画像


治療を頑張って終えられた方が、今後また同じように悩まなくてもいい様に予防をお手伝いすることが、私たち歯科衛生士の使命だと思っています。

あなたのお口の健康維持をお手伝いし、豊かな暮らしの実現ををサポートするため、わたしたち歯科衛生士一同は、日々知識・技術の研鑽・向上に努め頑張っています。

どうぞお気軽にご相談ください。

むし歯の予防について

画像

画像

画像


むし歯の発生は、食べる量より回数に左右されます。

画像

初期虫歯の早期発見に、レーザーによる、針でつつかない虫歯診断器(ダイアグノデント)

 

PMTCでむし歯予防・歯周病(歯槽膿漏)予防

歯ブラシでは落とせない汚れがあるのをごぞんじですか?

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


おすすめします!!
 ○ むし歯や歯周病になりにくい環境にするために、歯のクリーニング(PMTC)をおすすめします
 ○ PMTCは、歯石の除去とは違い、軟らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
 ○ PMTCによって歯の表面は、バイ菌のいないとても清潔な状態になります。
 ○ PMTCはコーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。
 ○ PMTCを虫歯予防・歯周病(歯槽膿漏)予防のために、定期的(3ヶ月毎)に受けて頂くと
    特に効果的です。


画像

     料金
          PMTC・・・1顎 8000円

フッ素でむし歯予防


フッ素のはたらきは?
 ○ 歯の質を強くする(酸に溶けにくい歯になる)
 ○ 虫歯になりかけた歯の表面をもとに戻す(再石灰化)
 ○ 虫歯の活動を抑制する(プラークの生成を抑える)

画像


特に生えたての歯に、フッ素はより効果的です(歯の萌出後3年間位)
フッ素でブクブクうがいが虫歯を予防

画像

画像


虫歯予防効果
 ○ フッ素入りは磨き剤(1日2回使用)
    ・・・・・・20~30%減の効果

 ○ フッ素塗布(年2~4回)
    ・・・・・・30~40%減

 ○ フッ素洗口(夜寝る前・毎日)
    ・・・・・・50~60%減

フッ素の効果を最大限に求めるのであれば、それぞれに応じた方法で使用しなければなりません。使用上の注意などを歯科医院で聞いてから使用するほうが、より効果的です。

シーラントでむし歯予防

画像

正しいブラッシングでむし歯予防

画像

よく患者様から『毎日一生懸命磨いているのに、すぐむし歯になっちゃうんですよ』と言われたり、『一日に何回くらい磨けばいいでしょうか?』『何分くらい磨けばいいんですか?』という質問を受けることがあります。

一生懸命磨かれるのは非常に結構なことで努力は認めますが、せっかくの努力が空回りしているようです。
ブラッシングの回数や時間はあくまでも目安であって、それが正しい方法ならば時間をかけただけの効果はありますが、間違ったやり方ではいくら時間をかけても意味がありません。

きちんと磨いたつもりでも、実際には磨けていないことが多いのです。一度磨いてきれいになったところ、同じところを何回も一生懸命時間をかけて磨いていることが多いようです。
画像


磨いている』のと『磨けている』のは、違います。

あなたのせっかくの努力が無駄にならないように、歯みがきをもう一度見直して、正しいブラッシング方法をマスターしましょう。

同じ時間をかけて磨いても、長い一生の間に大きな差が出てしまいます。
どこに磨き残しが多いのか、誤った磨き方をしていないだろうか、ブラッシングのプロに教えてもらうのが一番です。

私たちブラッシングのプロがあなたの磨きぐせを調べ、その状態にあったブラッシング方法を指導します。
一度本当に磨けているのか?チェックしましょう 。

キシリトールガムでむし歯予防


外出先や職場など昼食後に歯みがきが出来ないときは、ガムを噛んで虫歯の予防をしましょう 。

ガムを噛むことによって唾液の分泌が促進されます。唾液は食後、酸性に傾いたお口の中を中性へと近づけ、むし歯になりにくい環境を与えてくれます。

その際、むし歯予防効果があるキシリトール入りのガムであれば更に効果的です。ただし糖分ゼロでなければ、逆にむし歯のリスクが上がってしまいます。

画像

母子感染の予防

画像

口臭予防

画像

歯の着色(ステイン除去)


歯の着色、気になりませんか?
歯に沈着したタバコのヤニ・茶渋・コーヒー渋を取って、本来の輝く白い歯にしませんか?

歯についた着色の原因であるタバコのヤニ・茶渋・コーヒー渋などの色素や汚れは、毎日どんなに丁寧にブラッシングをしても取れません。

当医院では、ポラリスという器具を使用し、歯面清掃用パウダーを汚れた歯にジェット噴霧して着色・汚れを落とさせて頂いています。
自然な歯の輝きを取り戻します。

『白い歯で気分もすっきりリフレッシュ !!』

『自然な歯の輝きを !!』

画像


料金
1顎   ・・・ 4800円
上下顎 ・・・ 9000円